読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚(別れ)からの復縁とは

昨今、日本の離婚率の高さが取りざたされております。

 

離婚の理由は浮気、DV、言葉の暴力等から価値観の不一致など多岐に渡ります。

 

離婚をする人が増加すれば、その中には復縁を望む人も出てきます。

 

離婚率の上昇に合わせて、復縁希望者が増えるのは、自然の流れであるとも言えます。

 

そのような復縁希望者個々の状況などをカウンセリングし、依頼者に最適な復縁プランを立てて実行する、復縁屋という職業が存在します。

 

先に離婚率について挙げましたが、離婚者のみならず、元恋人との復縁を希望する人にとっても、ありがたいサービスであると言えるでしょう。

 

復縁屋は聞き取り調査のみでなく、相手の行動調査や身辺調査を行ったうえで、プランを立てて復縁工作を行っていく復縁のプロです。

 

復縁屋を選ぶ上では、行動調査や身辺調査を行ってもらうのが基本となるため、探偵業届出証明書を取得しているかどうかも大きな判断基準になるでしょう。

 

 復縁屋の行う復縁工作とは、依頼者からの聞き取りや、行動調査や身辺調査をもとに立てたプランを、演出するものです。

 

よく言えば「演出」ですが、悪く言えば「やらせ」です。

 

相手に対し未練のある人は、やらせをしてまでも復縁したい人も少なくないでしょう。

 

そこまでして臨む復縁であれば、自分がどうしたいのか。

 

復縁したあとはどうしたいのか。

 

等々、本気で考えて行動しなければ、復縁後に、すぐ別れたという事態になるかもしれません。

 

復縁屋に任せれば、安易によりを戻せるといった考えではなく、あくまでも主体は自分であり、復縁屋にきっかけを作ってもらうといった意識を持つことが重要になります。


復縁工作の演出を「やらせ」であると言ってしまえば、罪の意識を持つ人もいるかもしれません。

 

しかし、復縁を望む相手も、もしかしたら自分に対して復縁を希望しているかもしれません。

 

互いに復縁を希望しながらも、互いにきっかけを作れずに、破局した恋愛というのも、少なくないのではないでしょうか。

 

復縁屋をきっかけにしてつかめるチャンスであれば、復縁屋は復縁希望者の一つの手段であると考えます。