読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心を入れ替えて復縁したい、やり直したいという場合

復縁したいと願っても、その夢が叶えられる確率は低いです。

一度縁を切ってしまうと、お互いに意固地になったり、怒りに任せて顔をあわせなくなってしまうこともあります。

こういう状態が続くと、復縁をするのは難しくなります。時間が経つと怒りが収まるというケースもありますが、逆に縁が遠くなるほど怒りがあらわになってしまうこともあります。

特に片方が一方的に悪いという場合には、復縁を迫るのは難しくなります。大抵の縁切りは、どちらかだけではなくお互いに非があることが多いです。

しかし、DVなどで片方だけが一方的に悪いというケースもあります。こういうケースは、いくら頑張ってもDVをされた方は心を開かないでしょう。

心を入れ替えて復縁したい、やり直したいという場合は、自力で迫るのではなく復縁屋を頼るといいです。

復縁工作というと怪しい響きがしますが、ちゃんとした業者であれば心理学や情報収集など具体的な方法を使って、復縁工作を行ってくれます。

復縁工作では、まずはターゲットの情報を収集して必要な情報を集めることから始めます。

これには約2〜3週間かかるので、今すぐによりを戻したい人には不向きです。計画的にじっくり近づいていきたい、焦らないから自分の方を振り向いて欲しいという気持ちを持っている人なら適しています。

復縁屋は、情報を入手するとその度に依頼者にそれを伝えます。

そして依頼者と相談しながら、今後の計画を練っていきます。

例えばどんな癖があるか、その行動に意味があるのか、など依頼者しか知らないことを調べ上げていくこともあります。

ただし、ターゲットがすでに結婚してしまったというような場合は復縁は難しくなります。

人は愛で満たされている時には、元のパートナーには出てきてもらいたくないものだからです。

もしすでにパートナーが出来てしまっているようであれば、成功確率は低いけれどもアプローチしてみるという気持ちでいた方がいいでしょう。

復縁したいと願っても、その夢が叶えられる確率は低いです。

一度縁を切ってしまうと、お互いに意固地になったり、怒りに任せて顔をあわせなくなってしまうこともあります。

こういう状態が続くと、復縁をするのは難しくなります。

時間が経つと怒りが収まるというケースもありますが、逆に縁が遠くなるほど怒りがあらわになってしまうこともあります。

特に片方が一方的に悪いという場合には、復縁を迫るのは難しくなります。大抵の縁切りは、どちらかだけではなくお互いに非があることが多いです。

しかし、DVなどで片方だけが一方的に悪いというケースもあります。

こういうケースでは、いくら頑張ってもDVをされた方は心を開かないでしょう。

互いの気持ちに行き違いがあるといけないので、自分の気持ちに正直になることが大切でしょう。