読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復縁工作で欠かせない存在となるのが、工作員です。

もう一度よりを戻したいというのであれば、復縁屋に相談してみるといいです。

 

復縁したいという依頼者からの相談を受けると、復縁工作に向けて作業してくれます。

 

具体的には、対象相手の自宅環境の調査、行動調査、交友関係の調査、性質の調査、などといった身辺調査です。

 

家の情報や外出時にどこに行くのか、接触した人物、習慣性のあるものなどを調べ上げていきます。

 

こういった情報を2〜3週間かけて収集して、工作のポイントを設定していきます。


復縁工作で欠かせない存在となるのが、工作員です。工作員はターゲットに接触する人で、印象付けを行います。

 

復縁工作では、男性のターゲットなら男性、女性のターゲットなら女性というふうに、同性の工作員を使ってコンタクトを取るのが基本です。

 

このほうが怪しまれずに相手に近づくことができるからです。


例えば男性であれば飲み屋でたまたま知り合いになった感じで近づいて、徐々に交友関係を深めていきます。

 

基本的には、継続的に通っているポイントで接触をはかるようにします。


もし同じ曜日の同じ時間帯に飲み屋に通っているなどの継続性が見受けられれば、その飲み屋で接触をはかるということです。


いきなり話しかけると不審に思われるので、まずは偶然出会って話が盛り上がるような工夫をする必要があります。

 

例えば共通の趣味があればそれについて話題を深めたり、ビジネス関係であればそれでビジネスについて論じるなどしていくと、話が盛り上がっていきます。


こういう不自然なことを自然に成し遂げるのが、プロの復縁屋です。

 

偶然の出会いのようにしてターゲットに近づくには、かなりの情報力と柔軟性が求められます。


なので、工作員はターゲットの情報を事前に収集して分析し、共通する部分が多い工作員を選定していくのが一般的です。


復縁屋は心理学に基づいたアプローチ方法を知っているので、会話や行動などでターゲットを引きつけてうまく復縁を取り持つことができます。